So-net無料ブログ作成

座右の銘 ~桜の咲く季節に思う事~

すべての始まりを意味するかの様に、桜の花が一斉に芽吹くこの季節、皆様、いかがお過ごしでしょうか。わたくし、なかたに真一は、皆様と共に、新しい日本を創る為、引き続き全力で取り組んで参りたいと考えております。

「逆境は己を磨く為の天与の機会である。それを乗り越えてこそ人は成長する。」

自衛隊時代、わたくしは、この言葉を胸にどの様な厳しい訓練にも立ち向かい、自らの向上と社会への貢献を使命として、今日まで突き進んで参りました。

そして、今、日本は、乗り越えなければならない数々の問題に直面をしております。
経済悪化、社会保障制度の破綻、震災対応の遅れ、少子化、安全保障の歪・・・
これらの逆境を乗り越え、そして、日本が大きく成長を遂げる為には、日本の資源、財産とも言える国民一人一人が、『自分らしく・自分で考え・自ら発想し・自ら行っていく』事の出来る社会創りを目指していく事が必要なのではないでしょうか。

この様な危機的状況の場合、本来ならば、政治が日本の利益追求、そして国内環境の健全化を目指し全力で取り組まなければならないはずなのですが、今の政治は、国民の目線を無視し、党内融和、政権の維持こそが本来の政治の目的として捉えている様に思えます。

国民の足を引っ張る政治は、必要ありません。

本来目指すべき政治の役割とは、努力し頑張る人の力を引き出す為に、社会に多くのの機会を準備する事、そして、国民の自立を阻害するかの様な社会保障を見直し、どこまでが必要な保護で、どこからがしてはならない保護なのかを見定める事です。
その為には、無意味なバラマキや無駄遣いを止め、チャンスを生む可能性に投資をする必要があります。そして、地道に頑張る人が理不尽さや矛盾を感じない様、保障を見なおしていかなければなりません。

人が自分らしく活き活きと力を発揮する事が出来る社会創りを実現したい。
日本人が世界に誇れる、伝統・文化、価値観を大切に守りたい。

改革すべき所と保守すべき所とのバランスをしっかりと持ち、今後も、初心を忘れずに前へ突き進んで参りたいと考えております。

最後に、先日、4月11日に開催させて頂きました講演会では雨の中にも関わらず、大勢の方々にお集まり頂く事が出来ました。本当に有難うございました。
初めての講演会という事もあり、未熟な点が御座いました事、心よりお詫び申し上げると共に、その中でも皆様がお声を掛けて下さいました心温まる励ましの御言葉は、今後のわたくしの活動における、大きな責任として重く捉えていきたいと考えております。その責任は必ず、政治というフィールドで果たして行く所存でありますので、今後とも何卒応援の程を宜しくお願い致します。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。